1. トップページ
  2. 陰キャの日常
  3. 陰キャは結局お一人様するしかない

公開日:2020/10/16|最終更新日:2020/12/07

陰キャは結局お一人様するしかない

陰キャがお一人様するのはもうね、必然なの。なんて言ったって友達がいないんだから。友達を創りましょうって言っても人体錬成は禁止されている訳で。アルの身体と友達、どっちを取るんだってエドも怒ってるよ。

お一人様って言葉自体、あんまりいい言葉じゃないよね。「何名様ですか?」に対するオメエ目ン玉ついてねえのか?って怒りを含めた「お一人様です。」ってことでしょ?感じ悪いよ?

ただ、一人で来る陰キャなお客さんは大体ひねくれてるよねって意味も含めた「お一人様」ならまあ間違ってないなって感じ。

映画館でお一人様した話

コロナが流行る前に映画「お一人様」したんだけどさ。一個飛ばしじゃなくて全席売られてた時代ね。

普段Netflixで映画見てるからめっちゃ久しぶりだったの。久しぶり過ぎて思わずチケット買う時、スタバデビュー中の陰キャみたいな挙動してたんだけど、あれ見られたかな。

Netflixのおすすめ

Netflixのおすすめってさ、もっと責任感持っておすすめして欲しいよね。ここでレモンをひと絞り、みたいなイヤイヤ求めてないからっておすすめ引っ張り出したりして。からあげにレモンを絞る権利まで明け渡したつもりはないぞって。

まあ途中まで見たし?と思いつつ。十秒スキップしながら二時間の映画三十分で見終わるような罰当たりな見方しちゃって。映画撮った方に申し訳ないなあ!まあ悪いのはひと絞りのレモンなんで。勘弁してやってください。

そんな中Netflixで見つけたひと絞り。ジョン・ウィック。アクション映画はジェイソン・ステイサムかドウェイン・ジョンソンのハゲ二択だと思ってたけどそんなことなかった。アクション=ハゲの方程式は間違ってることに気づいたよね。アクション+ハゲ=カッコいいの方程式は崩れなかったけど。

第一作と二作をNetflixで見たところで三作目公開とか運命分かってるわ。乱数調整ありがとう。Aボタン押しっぱにするのが重要なんだよね。

ジョン・ウィックのキアヌ・リーブスがカッケーの。キアヌの命が狙われますってあらすじなんだけど負ける気配がないんです。安心して見てられんの。

映画館到着

公開から二週間ぐらい経って見に行ったから空席多めで選び放題。映画館の席は通路横一席目だよね。スクリーンの正面派は座ってる人の前を「すみません。」って手刀する練習でもしてろ。

まあこの空き方なら通路から二番目の席とっても誰も隣に来ないだろうと思って二番目の席とったわけ。まさか隣に並んで座る人がいるとは思わなかったし。まさかね?

開場のアナウンス流れてすぐ劇場入って。映画の予告ぼーっと見てたらなんかチケット見ながら階段上がってくるオジサマがふと目に入ったの。まあ隣に座るわけないよなと思ってたらフラグ立てちゃったらしい。

G列に座ってたんだけど、D、E、F、、って席のアルファベット確認しながら上がってきて「G」。立ち止まってまさかの隣。え?他空いてんじゃん。こんなに空いてる映画館あんまりないよってくらい空いてんのにまさかの隣。

あーそういう感じね。オジサンにはパーソナルスペースがないって風の噂では聞いてたけどどうやらホントらしいね。パーソナルスペースはパンツと同じ。基本装備だと思ってたんだけどね。ノーパンで映画館来る人がいますか?って。ブリーフか、トランクスかの違いかと思ってたらまさかのノーパン。

まあこっちも大人だからね。陰キャボッチでパーソナルスペースは広めの3メートルとはいえ。とはいえです。我慢。我慢、、我慢?育てに育てた陰キャのパーソナルスペースは広い。けど入られても決して死ぬわけじゃない。けど緊張するんです。鼻息荒くない?緊張して汗かいてきたんだけど臭くない?挙動不審じゃない?って。

流れる映画予告を横目になんでオジサマは隣に座ったのか、頭フル回転させて。ポップコーンを一緒に食べたい?映画の感想を喫茶店で語り合いたい?まさかソッチの気がある?誘ってる?

結局隣に座った理由は陰キャのメンタリズムじゃ分からず、分かるはずもなく。このまま並んで見るしかないか、と諦めかけた時、一閃の光が差し込む。逆側の席空いてんじゃん。

オジサマと逆側の隣見たら三席開けてカップルが座ってんの。映画始まって誰も来なかったら一個横にずれればよくねって思っちゃうよね。

予告が終了

だんだん劇場が暗くなって行って真っ暗に。今だ!って。オジサマごめん。って心の中で謝って一個隣に。オジサマの「ちょ待てよ。」って声が聞こえたのは多分気のせい。きっとオジサマも空いてる映画館で隣に人が座ってるのは嫌だったと思う。横にずれるのを見越して隣の席を選んだんだと思う。って言い聞かせて。間違いなく挙動不審なムーヴメントだったけど。

オジサマの気持ちを汲み取って心をシンクロさせた今、怖いものはない。映画見てる途中も、今のシーンちょっとビビったね。とか。やっぱりキアヌはかっこいいね。とか。ちょいちょい心のシンクロ率を上げつつ。

大満足で映画見終わって。エンドロールまで見て。劇場が明るく成り切るところまでしっかり待って。だけどオジサマはエンドロール見ないタイプだったみたい。シンクロ解除してもういなかった。喫茶店で語り合うために用意した頭の中の原稿は使わず解散。

さいごに

結局何が言いたいかってキアヌ・リーブスはかっこいい。

シェア:share-Twittershare-Facebook

最近の記事『陰キャの日常』

最近の記事『ピアスの基礎知識』

最近のピアス

ピアス販売してます