1. トップページ
  2. 陰キャの日常
  3. スケベの館 ライブシアター栗橋

公開日:2020/10/01|最終更新日:2020/12/07

スケベの館 ライブシアター栗橋

ライブシアター栗橋って劇場が埼玉県北部のド田舎にあるんだけど、え?こんなド田舎に?ってとこに建ってんの。周りにあるのは田んぼとか競艇場。ちょっと民家があって、あと工場。ホントのド田舎。

まあ国道通ってるし、奴はド田舎の中では最弱、みたいなとこなんだけど。

こんな所にストリップ劇場があるなんて、すごい浮いてんの。ドラえもんみたいにちょっと地面から浮いてるんですって感じで。入場は土足OKなんだけど。

けど、人の目に敏感すぎて常に背後からの視線感じちゃうような陰キャにとってこの立地は助かる。都会の大通りで、お客さん寄ってかない?なんて声掛けられて入店しようもんなら、外見通りスケベね。なんて声が聞こえてくるんだよ。

中でやってることはスケベなんてすごい勢いで通り越してて、各駅停車じゃなくて特急乗っちゃったみたいな。景色見てたら降りる駅が一瞬見えて通り過ぎちゃったって感じで。実際は頭からつま先までじっくり見れるんだけど。そのまま特急に乗って新しい世界見えてきた。

ライブシアター栗橋とは

日本に残る数少ないストリップ劇場の一つ。

曲に合わせて踊りながら衣服を脱いでいく姿を鑑賞する劇場です。

風営法上の立ち位置

ストリップ劇場は風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)第2条第6項に規定される『店舗型性風俗特殊営業』の1つです。全6号の内、第3号に該当します。

第3号には、専ら、性的な目的で衣服を脱いだ姿、または映像を見せる営業が当てはまります。ストリップ劇場の他、ヌード撮影を行うスタジオや個室ビデオ店が該当します。

専らとは、7割程度以上であることです。大手の個室ビデオ店はAVが7割程度未満であり第3号に該当しません。

劇場数の推移

警察庁の資料によると、令和元年末の第3号営業所数は95件。このうち営業が確認できるストリップ劇場は20件しかありません。

昭和58年の警察白書に載っている当時のストリップ劇場の営業所数は320件です。

劇場数の推移

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準について(通達)
令和元年における風俗営業等の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について
昭和58年 警察白書

陰キャが楽しめるポイント

一体感

公演が始まり曲が流れると、お客さん全員で手拍子やタンバリンを叩き会場を盛り上げます。曲調によって自然とテンポが変わり鑑賞の邪魔になることはありません。

公演終盤、足を高く上げポーズを決める場面では拍手が沸き上がります。

なにがエロいってさ、脱いだ服はステージ上にそっと置くだけなんだけどパンツだけ違うんだよ。パンツは手首とか足首に巻き付けんの。髪留めを手首に巻きつけてるのを想像させる日常感。誰もが想像したことあるであろう、あれ実はパンツなんじゃね?を生パンツでやってくれる感動。考えた人マジでエロいな。国民エロ賞間違いない。

パチパチ

写真撮影

公演中の写真撮影は一切禁止ですが、公演終了後、写真撮影会があります。

撮影希望者が列を作り、撮影は一人ずつです。撮影前に簡単な会話をする時間があり、女性と話す貴重な機会を得ることができます。

撮影は前後半に分かれており、前半着衣、後半脱衣で行われます。撮影希望者の列もこれを考慮した並びになっています。

撮影では、ポーズをお願いすることができ、角度もある程度自由です。自分だけの1枚を撮影することができます。

絵にスパチャしてコメント読んでもらった程度でキャッキャしてる陰キャは一回行ってみて。生身も悪くないから。生身も生身。生まれたての姿。しかも写真持って帰れるからね。スパチャした画面の記念スクショと比べてみてよ。破壊力段違いでしょ。

写真撮影

一人で行きやすいか

行きやすいです。映画館に一人で行くのと同じくらいの感覚で行けます。

公演の合間にある待ち時間はほとんどの人が一人でいます。自分だけ孤立するようなことはありません。

トイレについて

男性用の小便器が2つ並んでいます。小便器の間隔は50センチ程度。簡単に覗くことができます。

連れション文化に慣れていないボッチ陰キャにとってこの距離は近すぎます。隣に人がいるとおしっこが出にくい人はトイレのタイミングに気を付けたほうがいいです。

ほとんどの人が公演終了後にトイレに行くので混みます。

さいごに

ストリップ劇場の数を見て明らかなようにストリップ文化は衰退しています。日本で見ることができなくなる日も近いかもしれません。

昭和に流行ったものを見に行く、勉強感覚でも一度見に行ってみると面白いかもしれません。

シェア:share-Twittershare-Facebook

最近の記事『陰キャの日常』

最近の記事『ピアスの基礎知識』

最近のピアス

ピアス販売してます